この記事はMaker Faire Shenzhen(深セン) 2017に行ってきました その1の続きです。

さて、次に建物を出るとまず飛び込んできたのが小さい3Dプリンターとレーザーカッター。どっちもかわいい。ここからMakerらしい出展が続きます。

ミニスーパーファミコンが売ってる!と思ったらラズベリーパイを使ったスーパーファミコンミニでした。中国らしいですね。

これはArduinoで制御できるブロック型LEDモジュール。アルファベット型のモジュールもあり、時計装置をデモしていました。こ、こういうの好き・・。

PCやタブレットで有名なacerがSTEM教育用のCloud Professorというモジュールセットを出していました。マイコンはArduino、コーディングツールはGoogleのBlocklyがベースのようです。マニュアルは非常にしっかりしていました。
◆ Cloud Professor http://home.cloud.acer.com/cpf/

この発想はなかったわーと思ったのが鉄パイプを子供たちに自由に組ませるハンズオン。いや、楽しいとは思ってましたが結構重いし・・。でもやっぱり楽しそうでした。

イギリスの国営放送BBCが開発した教育用マイコンボードMicro:bitを使った教材を出展していたELECFREAKS。マニュアルが英語でわかりやすかったです。デモ用の光線銃楽しそうでした。
◆ ELECFREAKS https://www.elecfreaks.com/

そして広場へ。ここにも70のブースがありました。

いきなり水の上を歩く装置!中国すごい!歩いているところが見たかった・・。

Maker Faireと同時開催していた学生サークル?のブースにはガンプラを並べているブースも。

LittleBitsのようなモジュール型の電子教材はいろいろ見ましたが、スティックタイプのものは始めてみました。各スティックが抵抗やスイッチになっていて、ボード上にネジで組み合わせるようです。

MakeBlockに似た商品。深センに本社があるから真似がしやすいのか、いくつかインスパイア商品を見ました。
◆ MakeBlock http://store.makeblock.com/

モーターと歯車で面白い動きを表現する作品はいつも見ても楽しいです。買ってしまいました・・。

ここにもMicro:bitのオプションが売っていました。ロボット制作用拡張ボードのようですが、詳細はよくわかりません。サーボを動かすデモをしていました。深センではMicro:bitへの注目度はそれほど高くなく、Maker Faireで2ブース、街中でも1軒しか見かけませんでした。

この辺でお腹が空いたので、出店でご飯を食べました。チキンレッグ(15元)と魚団子カレー味(12元)。1元が17円なので255円と204円。滞在中の1食を大体15元くらいですませていたので、ここは高かったですね。でもどちらもとてもおいしかったです。

移動ゲームセンター?車の荷台を改造してシューティングゲームができるようになっていました。

このロボットはすごかったです。操縦者がアーマーを着て動くとその通りにロボットが動きます。ライディーン方式ですね。
◆ Ai.Frame http://aiframe.me/

ここの方は3Dプリンターで出力したものをきれいにプリントして、高精度なフィギュアにしていました。防水もされているようです。

何やら危ない武器を出展していました。圧縮空気で飛ばすボーガンは缶を打ち抜くそうで会場では危なくてデモできないとのことでした。

この形のまま飛んでプロポで操縦していました。

小型のArduinoベースマイコンキット。ディスプレイもついているのですぐに楽しめます。モジュールを積み重ねて(スタックして)機能を拡張できるのが特長です。残念ながらウォッチキットは売り切れていましたが、COREのディベロッパーキットを買いました(158元、約2,700円)。
◆ M5 Stack http://www.m5stack.com/

この日一番盛り上がっていたのはこのブース。Marioさんが自分で作ったロボットを使って手品をやっていました。子供も大人も大うけで一日中人が集まっていました。普段はフォルクスワーゲンのバスに乗って旅をしているようです。
◆ Mario the Maker Magician https://www.mariothemagician.com/

脳波を通じてドローンを飛ばす装置。この後、上の方に飛んでしまってなかなか戻ってきませんでした・・。

中国らしいパンダゲーム。マイコンを使って作っていたようです。

ダンボールにマイコンと車輪、LED、サーボをつけたロボット。かっこいいし安くすみそうだしいいですね。

地元のインターナショナルスクールが、子供たちのためにアーケードコーナーを設けていました。スクールに通っている子供たちがお手伝いをしていたのでいい経験になったと思います。

広くて全部は紹介できませんでしたが、他にもたくさんのブースがありました。日本人も10組くらい出展しており、以前せやっこテックフェアにも出展していただいたPETSはブルーリボン賞を受賞していました。

◆ PETS https://4ok.jp/pets/

・せやっこテックフェア開催レポート https://peraichi.com/landing_pages/view/seyakkotf2017report
・せやっこテックフェア2017レポート http://builder-kids-garage.com/activities-recording/040217_seyakko/

来年はきっとさらに参加者も増えて、規模も大きくなるのではないでしょうか。また機会があれば行ってみたいと思います。