8月1日、2日にビッグサイトで開催されたMaker Faire Tokyo 2015にスタッフと子供たちといっしょに行ってきました。

1

今回もかなりの人人人。でも去年の会場より通路が広く取ってあったり工夫がされていたので今まで参加した6回くらいの中では一番見学しやすかったように思います。

まずはScratchワークショップをすごく長く続けていらっしゃるOtOMOさん。入場する前から大きな風車が目に入ります。
なんとこれはScratchで制御している巨大風車。センサーの反応も、モーターの起動もScratchから制御しているそうです。こんなに大きいのが動かせるんです。

2

そして割り箸で作られたおもちゃの数々。これもScratchで制御されていて、スイッチや面白仕掛けが動作します。

3

こちらはなんと念力でドラゴンを動かす超能力者養成装置(?)。ヘッドセットをはめて集中すると数値が上がっていき、しきい値を超えるとドラゴンが進みだします。集中すると息を止めてしまうようで、みんな終わった後は「ふぅーーー」と大きく呼吸していました(笑)。

4

暗室セッションで光る工作や靴を見た後は・・・

5

技術力の低い人のためのロボコン「ヘボコン」を見学します。これが楽しみでMaker Faireに来ている方もいるのではないでしょうか。決してセンサーやマイコンなどを使ってはいけない、ヘボいロボットのみ出場を許されるロボットコンテストです。ルールは相撲なので枠から押し出せば勝ち。

6

見た目はハイテクそうなペッパー君でしたが、伸びるクチビルで押し出されてしまいました。

7

ハイテクノロジーと書いてあるので本来は失格だと思うのですが、キットにジョウロを被せただけだということがばれて無事出場できたようです。

8

これが優勝マシン!ゴキブリホイホイの中からアームが出てきて、クワガタが乗っている円盤がグルグル回ります。作者の方はシャレで作ったようですが、この攻撃力が本人の予想以上にすごくてなぎ倒してました。皆さん会場で「ノコギリが、ノコギリが」と言っていましたがオオクワガタだと思います。

9

こちらは面白法人カヤックが出展していた本格おままごとセット。iPhoneを仕込んで混ぜるふりをするとジュジューっと野菜が炒まります。

10

R2D2が歩けば子供たちが群がって行列になります。どこでも人気ものですね。

11

アーティスティックなロボットもあちこちで見かけました。

12

FM-7をUSBキーボードに!僕の昔の愛機PC-6001でも作ってみたいものです。
13

今から来年のMaker Faireが非常に楽しみです。まだ経験したことのない方は、来年はぜひ足を運んで実際に雰囲気を味わうことをオススメします。すごい熱気にきっと驚くと思いますよ。