ゲームはあまり好きじゃなかった

小学3年生・女子 N・Eさんに聞いてみました

授業風景

BKG: Builder Kids Garageに来たきっかけはなんですか?
広告を見て、お母さんが「こんなのあるよ」って教えてくれた。で、やってみたいと思った。

BKG: ゲームが好きだったからやってみたいと思ったんですか?
ゲームはあまり好きじゃなかった。プログラミングがおもしろそうだった。

BKG: BKGに来てて何がおもしろいですか?
ゲームを作ること。ここに来るようになってゲームも好きになってきた。

BKG: 学校では何の教科が好きですか?
算数。問題を解くのが好き。図工は好きじゃない。作る目的がないから。

BKG: 目的が決まっているのが好きなんですか?
そう。やり方をいろいろ自分で考えるのが好き。今、ビギナークラスでやっているのが楽しい。

BKG: 将来何になりたいですか?
普通の大人。

お母様に聞いてみました

BKGに入るきっかけは何でしたか?

昨年夏、NHKで「小学生に人気 新たな習い事」番組内で、小学生向けのプログラミングスクールが
あることを知りました。娘が気に入りそう、と思いながら見ていました。
言語で豊かな表現をすることよりも、感情に秘めた想いが独特なEは、スクラッチを表現のツールとしてうまく利用するのではないかと思いました。
横浜に、子供向けプログラミングスクールがあると知ったときは、素晴らしいチャンスに感激しました。

Eさんのゲーム作品BKG: 始めてから変化はありましたか?

もともとDSに夢中になるようなゲーム好きではなく、かといって、パソコンで何かすることが特別増えたこともなく。
算数ゲームやパズルには没頭するのですが…
一次関数の番組に釘付けになっているので不思議だな、と思っていたら、プログラミングで使ってるとのこと。
関数や変数、乱数との出会いは刺激的だったようです。
ますます算数が好きになったようです。

BKG: スクールに入られたきっかけは?

体験後、自然の流れでスクールに通うようになりました。どうやら体験で学んだことの先にあるものを漠然と感じ、続きを知りたいという探究心と未知の世界との遭遇、発見のプロセスを楽しんでいるようです。

BKG: Eさんのインタビュー、いかがでしたか?

Eに「将来、何になりたいか」を聞いてみました。
E曰く、「まだ、9年間で知った仕事は少ないし、具体的に分からないから、まだ決められるわけがない。」と、リアリストならではの返答でした(◎_◎;)

Eさんの将来になりたいものへの回答、しっかりした回答でごもっともですね。
一次関数の番組に釘付けとは…。Eさんはどんどん吸収して興味をつなげてくれるのでとても教え甲斐があります。これからも、プログラミングを楽しんでいってくださいね。