ないない、スクラッチも聞いたことなかった

小学3年生・男子 O・Rくんに聞いてみました

 

Rくんの作品と授業風景BKG: BKGに入る前もプログラミングって言葉は聞いたことありましたか?
ないない。スクラッチも聞いたことなかった。

BKG: 最初にワークショップに来てくれたのですが、楽しかったですか?
うん、すごく!

BKG: 何がそんなに楽しかったのでしょう?
僕は物を作るのが苦手なんだけど、スクラッチだとあっという間にわかって僕が作りたいものができたのが楽しかった。すぐに次やりたいと思った。

BKG: それでスクールに入ってくれたんですね。今やってるビギナーコースは楽しいですか?
うん。いろいろ作れて面白い。次は人生アドベンチャーを作りたい。人生は罠だらけ。

BKG: 深いですね・・・。今回作った作品も楽しく作れましたか?
うん。

BKG: 家ではプログラミングをやったりしますか?
スクールで作ったゲームをお父さんと改造したりする。

お父様に聞いてみました


BKG: BKGに入るきっかけは何でしたか?

何か習い事をさせようと思っていたのですが、スポーツ系は向いていない様子。
ゲームのマインクラフトやマリオメーカーなど作るゲームを楽しそうにやっていたので、プログラミングができればゲームを自分で作れるようになるよと話すとやってみたいとの反応。
今後のことを考えるとプログラミングはやっていて損はないし、楽しく通えるのではないかと思って、ワークショップに行ってみました。

BKG: 始めてから変化はありましたか?

通いだすとプログラミング教室は想像以上に楽しかったようで、今では毎回スクールがある日を楽しみにしています。
家でもスクールで作ったゲームを見せてくれたり、こうやったらもっと面白くなるかなと話し合っています。
将来は本格的なゲームを作りたいと夢は膨らんでいるようです。

Rくんはいつも元気に楽しそうにスクールに来てくれてスタッフ一同元気をもらっています。
ありがとうございます。
おうちでもきっとみんなに笑顔を振りまいているのでしょう。