8月19日の1Dayワークショップには、6人の子ども達が集まってくれました。
今回は、きょうだいで来てくれた子、2回目のリピーターさん、そして普段スクールの方に通ってくれている子まで参加してくれて、最初から元気パワー全開!
とてもにぎやかで楽しいワークショップになりました。

今回の課題では、自分をくねくねのアニメーションキャラクターにしてゲームを作ります。
まずは先生に自分の写真を撮ってもらいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段は照れてしまうお子さんもいるのですが、今回のみんなはポーズもバッチリ決まっています。
イナバウワー並みの柔軟性はうらやましい!
撮った写真は、先生の指示を受けながら、自分で背景を切り抜いていきます。

わからない時は手を挙げて、質問してね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この写真加工の技術は、年賀状制作にも使えます。年末におうちでもやってみてください。
加工が終わると、さあ、いよいよScratchを使ってプログラミングをしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真剣まなざし

座標について勉強します

小学生には少し難しい座標の話も、難なく理解していく子ども達。
お隣の人の仕上がりぐあいも気になります。

お隣りの仕上がり具合は?

テーブルを回り込んで、みんなで見せ合いっこして、大盛況でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここがね・・・

まるでみんな普段からの友達みたいでした。
よかったら普段のスクールにも来てみてくださいね。