photo2

午後からあいにくのお天気になった土曜日でしたが、この日のワークショップには雨にも負けない 4人の元気な小学生が集まってくれました。

まずは簡単な自己紹介から授業が始まります。
プログラミングに興味がある子はみんなゲームが大好きというイメージがあるかもしれませんが、
実際、ワークショップに来られるお子様の特技はかなり広範囲にわたります。
今日は将棋の得意な女の子とスポーツの得意な男の子たちでした。

自己紹介が終わったら、Scratch(スクラッチ)の基本操作を学びます。
その後は、ちょっと難しい座標のお話。
今回の「うかるかもの鬼よけ」ゲームは、座標を使って動きをつけていきます。
学校の授業で座標が出てくるのは中学生からですので、小学生には少し難しい概念になりますが、 小学6年生の子どもたちはさすがの理解力!
そして、小学3年生の子どもたちも意外なほどすんなりと座標を理解してくれました。

今日のみんなは好奇心とチャレンジ精神が旺盛です。
「先生、これさ、横の移動も作れるってこと?」
Y座標を使っての縦の移動を習得したらすぐに、縦横4方向へ移動できるプログラムに発展させて いく子がいました。
初めて会ったお隣の子とも打ち解けて、お互いに教えあったり、うまくいかないことを共有したり…。

photo

クローン作成の待機時間を0秒に設定してみた子は、大量のクローンがでてきて大喜び。
すぐさま他のみんなも真似をします。
「うわー。すごい!」
みんな大笑いです。
今日の子どもたちは本当に頭が柔らかで、実行力もバッチリ。みんなプログラミングにぴったりの性格か もしれませんね。

チャレンジが多かったためか、今日は授業ぎりぎりにプログラムが仕上がり、なんとか滑り込みセ ーフ!
教室に戻ってこられた保護者の方にそれぞれの自作プログラムを披露しました。

ワークショップではなかなか自分用にカスタマイズする時間がとれませんが、スクールでは自分が 企画し作成した作品をコンテストに出品することもやっていきます。
プログラミングは自分のアイデアを形にする良いツールとなってくれます。

興味をもったらぜひ、スクールにもおいでください!